TOEIC700点の評価や価値は?達成するメリットはあるのか?

TOEIC700点の評価や価値は?達成するメリットはあるのか?

TOEIC700点の評価や価値はどうなのか?達成するメリットはあるのか?

TOEIC700点を達成している事で社会的な評価や、就職・転職時にどのようなメリットがあるのかなど、各種企業のデータや情報を用いてご紹介します。

[PR] TOEIC700点で評価されたいなら〇〇学習…

TOEIC700点の評価や価値は?

以下、上場企業が求めているTOEICスコアと、700点以上を求めている企業の事例をまとめました。

TOEICスコアの平均

以下、TOEICテスト運営元の「一般社団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会(以下「IIBC」)」が提供している公表データ「公開テスト 平均スコア・スコア分布 一覧」を元に、TOEIC平均スコアを表にまとめました。

実施回平均スコア
第224回589.1
第225回577.0
第226回587.2
第227回589.3
第228回569.2
第229回575.8
第230回579.4
第231回578.8
第232回576.1
第233回571.5
全実施回の平均579.34

※参考:IIBC 公開テスト 平均スコア・スコア分布 一覧

この公表されている実施回の全10回の平均が579.34であり、全体で見てもおおよそ570~590点になっています。

これらの情報を見ても、TOEIC700点は平均よりも高く、突破すれば評価できる点数と言えそうです。

上場企業が求めているスコア

こちらもTOEICテスト運営元の「IIBC」が提供している公式データを元にご紹介します。

まずは、国内の上場企業304社を対象にした「英語活用」に関する調査結果をご覧ください。

結果としては、グローバル人材育成のために具体的な取り組みとして、海外研修や異文化理解研修もありますが、当然ながら「英語研修」と回答した企業が78.5%でした。

上場企業における英語活用実態調査 2013年 700点以上のスコアを期待

※出所:上場企業における英語活用実態調査 2013年

また、肝心のグローバル化に伴う業務遂行に必要なTOEICスコアとして、TOEIC700~795点が30.9%でNo.1でした。

国際部門の期待されているスコアの平均としては750点となっています。

もちろん、それ以上の800点や、下の600点以上でも企業は求めていますが、最も求めらえているのはTOEIC700点以上でした。

上場企業における英語活用実態調査 2013年 グローバル人材の取り組み

※出所:上場企業における英語活用実態調査 2013年

つまり、上場企業はTOEIC700点以上のグローバル人材を求めており、TOEIC700点は評価できる価値のあるスコアと言えそうです。

TOEIC700点以上を求めている企業

こちらはTOEIC700点以上を評価し、人材を求めている大企業の求人を一覧でまとめました。

情報源は、リクルートが運営している転職エージェント「RECRUIT AGENT(リクルート・エージェント)」のものを使用しています。

こちらの情報はあくまでも当記事作成時点のものですが、以下のような大企業がTOEIC700点以上の方を評価している事がわかります。

※TOEIC700点以上の求人例

企業名職種想定年収
株式会社ユニクロ商品マーケティング600万円~1,500万円
ソフトバンクグループ株式会社財務統括470万円~1,500万円
スズキ株式会社海外営業400万円~620万円
株式会社デンソー法務500万円~1,150万円
川崎重工業株式会社法務300万円~750万円
東芝メモリ株式会社貿易管理600万円~1,050万円
マブチモーター株式会社経営企画500万円~1,000万円
株式会社クボタ法務450万円~850万円
株式会社ジュピターテレコム事業開発・M&A660万円~900万円

参考:RECRUIT AGENT

実際はTOEIC700点にプラスアルファのスキルや資格が必要な場合もありますが、最高で想定年収1500万円と設定されています。

つまり、TOEICテストで700点を達成している人は、ある一定の英語力を持っている評価に値する人材と言えそうです。

まとめ

これらの公式データや求人情報を見る限り、TOEIC700点の人材は大企業も求めており、ある一定の評価や価値があると言えそうです。

もちろん、業務を遂行する上で他のスキルも必要になってきますが、まずはTOEIC700点をとっておく事で就職・転職にも有利になるため、メリットも大きいと思います。

また、TOEICテストの平均はおおよそ580点なので、TOEIC700点は一般的な評価としても「すごい」と言われるレベルかもしれません。

TOEICテストを受けようと思っている方であれば、まずは700点を目指してみるもの良いかと思います。