TOEIC700点リスニング対応の参考書おすすめランキング

TOEIC700点リスニング対応の参考書おすすめランキングを作成しました。

当サイトでは、独学でTOEIC700点を達成するには、リスニングに対応している参考書や学習サービスが必須だと考えています。

テキストのみの参考書の場合、リーディング対策は十分できるかもしれませんが、TOEICテスト平均点の公式データを見ても、日本人はリスニングの方が点数が良い傾向があります。

そこで、独学でTOEIC700点を達成したい方や、他のサービスと並行して学習したい方向けに、リスニング対応の参考書でオススメのものをランキング化してご紹介します。

TOEIC700点リスニング対応の参考書おすすめランキング

当記事作成時点では、世の中にある参考書や教材は600・800・900点の対策のものが多く、残念ながら700点や730点といったスコアに対応したものが少ないのが現状です。

その中でもTOEIC700点に特化していたり、実際に700点を達成した事例の多いもののみ掲載しています。

ランキング1位1位:スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース・パーフェクト講義のテキスト(参考書)

パーフェクト講義テキストセット

リクルートが提供しているオンラインTOEIC対策「スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース」のテキスト(参考書)です。

こちらのサービスは、TOEICテスト対策の「パーフェクト講義」、問題演習ができる「実践問題集」、クイズ形式で学べる「TEPPAN英単語」、TOEICに特化した英文法講義「パーフェクト講義 – 英文法編」の4つの講座がオンライン上で学べます。

担当講師はTOEIC990点満点で、学生向けスタディサプリでも大人気の関正生(せきまさお)先生です。

TOEIC600点以下と以上で推奨されている学習方法が違いますので、初心者からでも学ぶ事ができます。

こちらのアプリでの評価は、当記事作成時点で約3600人がレビューを入れており、星5点満点中4.3~4.4点と高評価になっています。

また、リクルートの自社調査によると、紙のテキスト自体の満足度は98%で、使用した方はTOEICスコアが+30点高い傾向があります。

肝心のTOEICスコアについてですが、755点・735点・740点など、TOEIC700点突破者の事例が多いです!

このサービスは2つのプランがあり、オンラインのみで学習する「ベーシックプラン」とオンライン学習+コーチによるサポートの「パーソナルコーチプラン」と選ぶ事ができます。

ベーシックプランに申し込むと、こちらのテキストが別途有料ですが、パーソナルコーチプランの場合は、料金内でパーフェクト講義4冊、実践問題集4冊の計8冊のテキストが提供されます。

紙のテキストの購入は必須というわけではなく、オンライン学習内でも音声やテキストを閲覧する事もできます。

リスニングに関してはテキストにCDなどは付いておらず、オンライン学習サービスに申し込んで聞く必要がありますのでご注意ください。

オンライン学習自体はどちらのプランも7日間無料で体験する事ができ、パーソナルコーチプランの場合は無料体験でも紙のテキストが配送されてきます。

まずはお試ししてからテキスト・参考書を使用していくか検討する事もできます。

 

ランキング2位2位:TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 完全攻略700点コースのテキスト(参考書)

アルクTOEIC700点コースのテキスト

このテキスト(参考書)は、アルクが提供している「TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 完全攻略700点コース」で提供されています。

こちらは、テキスト7冊+CD10枚 or MP3音声を選択する事ができる総合的なTOEIC700点リスニング対応の参考書です。

1日に50~60分の学習をして、4ヶ月後にTOEIC700点を目指すカリキュラムになっており、TOEICテストの専門家たちが集まって作成・監修されていますので、クオリティがかなり高いです。

通常の参考書は文字だらけで、ものによっては抵抗感を持つ人ももいるかもしれませんが、1ページあたりの全体の文字量や文字の大きさも適度で読みやすく、少しずつ少しずつステップアップできるようになっています。

初めのページで16語の英単語学習をしますが、アルクの人気単語帳であるキクタンのように、軽快な音楽のリズムに合わせて発音⇒日本語の意味⇒発音と流れますので、覚えやすいと思います。

また、その後のリーディング、リスニング問題もいきなり長文というわけではなく、短めの文章から少しずつレベルアップできるようになっています。

テストを提出するカリキュラムになっていますので、自分の今のレベルをチェックし、テストを提出する前提で学びますのでモチベーションも維持しやすいかと思います。

ただし、学習開始レベルが600点と限定されているため、それ以下のスコアの方向きではなく、今回ランキングは2位とさせていただきました。

参考書の無料体験版もありますので、一度やりながら検討してみてください。

 

ランキング3位3位:2カ月で攻略TOEIC(R)L&Rテスト730点!

2カ月で攻略TOEIC(C)L&Rテスト730点!

こちらはCD-ROM付きの参考書で、ロングセラー商品の「2カ月で攻略TOEIC(R)L&Rテスト730点!」です。

CDの再生機器をお持ちでなければ、ALCO(アルコ)というアプリをダウンロードすると音声を聞くことができます。

はじめにTOEICテストを時間内に解くコツの内容が掲載されており、その後各パートごとの例題⇒解答と解説がひたすら繰り返されます。

各ページに学習の残り日数が記載されており、モチベーションを維持しやすいよう配慮されています。

当然ですが、リスニング問題は音声がないと聞けませんので、CDかアプリを用意しておく必要があります。

対象としては、現時点でのTOEICスコアが600点以上かそれと同等の英語レベルで、目標が730点以上の方向けです。

※表紙には550点⇒730点と記載されていましたが、本書の中では600点~と記載されていました。

TOEICスコアが600点以上や、ある一定の英語力がある方を前提に作成されていますので、英文法の基礎を学ぶような内容が含まれていませんのでご注意ください。

人気の参考書ではありますが、総合的な対策ではなく、ある一定レベルの英語力をお持ちの方向けですので、今回3位にしました。

英単語学習は少し含まれてはいますが、英文法を含め総合的に学習してステップアップしたい方は、1位や2位の方がオススメです。

 

学習開始レベル一覧表

各種リスニング対応の参考書や学習サービスによって、学習開始レベルが違います。

以下一覧表でまとめましたので、あなたのTOEICスコアや英語レベルに合ったものをお選びください。

名称学習開始レベル
スタディサプリENGLISH TOEIC対策ベーシックプラン記載なし(505点から755点達成の事例あり)
スタディサプリENGLISH TOEIC対策パーソナルコーチプラン記載なし(360点から735点達成の事例あり)
TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 完全攻略700点コース600点以上
2カ月で攻略TOEIC(R)L&Rテスト730点!600点以上(表紙には550点と記載あり)

上記の学習開始レベルや、実際に700点以上を達成した方の開始レベルなどを参考にしてみてください。

やはり、総合的に見てもランキング1位の「スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース」のテキスト(参考書)と、オンライン学習(音声・動画)がオススメできます。

2つのプランがありますが、どちらも7日間の無料体験ができますので、まずは使いながら検討してみてください。