スタディサプリTOEICは、200・300・400・500点台からスコアアップできるのか?実際にそのスコアで始めた人はいるのか?

すでにTOEICテストを経験済みで、200・300・400・500点台だった方が、スタディサプリTOEICを使ってもついていけるのか不安な方もいるかと思います。

そこで、スタディサプリTOEICの対応スコアや、実際に200・300・400・500点前後から始めた利用者の事例を6つご紹介します。

また、200・300・400・500点台から、どのように使えば良いのかもまとめました。

スタディサプリTOEICは200・300・400・500点台からでも利用できる?

スタディサプリTOEICは、すでにTOEICスコア200・300・400・500点台の方でも利用できるのでしょうか?

当記事の更新時点では、スタディサプリTOEICの公式サイトに、TOEICスコア〇点台以上が必要…といった記述はありませんでした。

そのため、現時点で200・300・400・500点台など、どのTOEICスコアの方でも利用する事ができます。

また、上限のスコアとしては、ベーシックプランの英単語学習は990点まで対応していますし、パーソナルコーチプランは860点まで対応と記載されています。

関連記事:スタディサプリTOEICで700・800・860・900・950・990点満点は目指せる?点数は何点まで対応?

そのため、200・300・400・500点台から990点まで目指す事ができます。

スタディサプリTOEICで200・300・400・500点前後からスコアアップした事例

残念ながら、スタディサプリTOEIC公式サイトでは、200点台からスコアアップした事例はなく、300・400・500点からであればいくつかありましたのでご紹介します。

200点台の方は、スタディサプリTOEICに「基礎英単語」と「基礎英文法」の映像講義がありますし、別途旧版の日常英会話コースがありますので、そちらも併せて利用してみてください。

より詳しい200点台や300・400・500点台の方向けの対策については、別の項目でご紹介します。

また、こちらはスタディサプリTOEICのベーシックプランではなく、パーソナルコーチプランの事例ですので、300・400・500点台から上げたい方は、こちらのプランをチェックしてみてください。

300点台からスコアアップ①

前回スコア:330
今回スコア:515

こちらの方は、300点台の40代男性の事例で、スタディサプリTOEICのパーソナルコーチプランを受講した方です。

はじめのTOEICスコアが330点でしたが、515点となり、185点もスコアアップしています。

300点台からスコアアップ②

前回スコア:360
今回スコア:735

以下は20代男性の学生で、300点台の方がスタディサプリTOEICを受講した事例です。

360点だったのが735点までUPし、何と375点までスコアアップしています。

こちらはかなりスコアアップしたケースで、300点台の方でも700点台までUPしたのは、かなり凄い事例だと思います。

スタディサプリTOEICパーソナルコーチプランのスコア事例1

出典:スタディサプリTOEICパーソナルコーチプラン

300点台からスコアアップ③

前回スコア:380
今回スコア:625

こちらは、300点台の30代男性がスタディサプリTOEICを利用した事例です。

300点台の中でも高い380点からの事例ですが、TOEICテスト後に625点となり、200点以上スコアアップしています。

スタディサプリTOEICパーソナルコーチプランのスコア事例7

出典:スタディサプリTOEICパーソナルコーチプラン

300点台からスコアアップ④

前回スコア:350
今回スコア:585

こちらは300点台の20代女性で会社員の方が、パーソナルコーチプランを受講した時のスコアです。

TOEICスコアは男性の事例が多いですが、女性で300点台であったとしても200点以上スコアアップできています。

スタディサプリTOEIC 300点台からのスコアアップの事例④

出典:スタディサプリTOEICパーソナルコーチプラン

400点台からスコアアップ

前回スコア:455
今回スコア:635

こちらは30代男性で400点台の方が、600点台まで伸びた事例です。

TOEICスコアを伸ばせた理由を、会社の先輩にも訊かれたそうです。

スタディサプリTOEIC 455⇒635点

出典:スタディサプリTOEICパーソナルコーチプラン

500点台からスコアアップ

前回スコア:560
今回スコア:755

こちらは30代男性で500点台の方が、700点台までアップした事例です。

スタディサプリTOEICを利用し、リスニング力が上がって、TOEICテストのPart4のスコアが伸びたそうです。

スタディサプリTOEIC 560⇒755点

出典:スタディサプリTOEICパーソナルコーチプラン

スタディサプリTOEICで200・300・400・500点台からの対策

TOEICスコア200・300・400・500点台から、スタディサプリTOEICでどう対策すればいいのでしょうか?

スタディサプリTOEICでは、ベーシックプランとパーソナルコーチプランの2つがあります。

そこで、以下スタディサプリTOEICの各プラン別の対策をご紹介します。

ベーシックプランの場合

スタディサプリTOEICのベーシックプランでは、スコアが600点未満と以上で推奨されている勉強法が違います。

200・300・400・500点台の方は、基本的にこちらの内容に沿って行う事をオススメします。

推奨されている方法としては、英単語学習をしつつ、英文法講義⇒パーフェクト講義(テスト攻略講義)⇒実践問題集という流れになっています。

勉強法 600点未満

出典:スタディサプリENGLISH TOEIC対策ベーシックプラン

詳しくはこちらの記事にも掲載していますので、ご確認ください。

関連記事:スタディサプリTOEICの使い方と勉強法。600点以上と未満のパーフェクト講義の進め方と順番

また、ベーシックプランでは、英語発音についての細かい解説がなく、どうしてもリスニングがしづらい方がいるかもしれません。

スタディサプリTOEICでは、どちらのプランでも旧版の日常英会話コースが使い放題になっています。

もし、200・300・400・500点台の方でリスニングが聞き取れないという方は、旧版の日常英会話コースの中にある「リスニングPlus」を使ってみてください。

▼ 日常英会話コースの解説動画 ▼

こちらで英語発音の講義だったり、リスニングのトレーニングをする事ができます。

また、場合によっては、スタディサプリENGLISHのビジネス英語コースなど、他のコースを使ってトレーニングするのも良いかもしれません。

関連記事:スタディサプリENGLISHとTOEICの違いと比較 新日常英会話やビジネス英語と両方使う?

パーソナルコーチプランの場合

200・300・400・500点台の方でパーソナルコーチプランを使いたい方は、あなたの英語レベルや目標をヒアリングし、コーチがそれに合わせたカリキュラムを提案してくれます。

もし、TOEICの学習をどう進めればいいかわからないとか、なかなかスコアが上がらない方は、プロの英語コーチに任せる形で進めるのが無難だと思います。

内容としては、初回面談と模試、学習プランの作成、オンラインで音声やチャットでの学習サポートなど充実したTOEIC対策になっています。

パーソナルコーチプランの講座内容1~4 パーソナルコーチプランの講座内容5~7

パーソナルコーチプランのスケジュール

出典:スタディサプリENGLISH TOEIC対策パーソナルコーチプラン

こちらのプランは860点まで対応しており、実際に達成した受講生が複数いますので、以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事:スタサプTOEICパーソナルコーチの口コミ・体験談 マンツーマンコーチングとチャット 延長や継続は?

より詳しい内容は、パーソナルコーチプラン公式ページからご確認ください。

スタディサプリTOEICの200・300・400・500点台まとめ

スタディサプリTOEICでは、200点台からの事例はありませんでしたが、300・400・500点台からであればスコアアップした事例がいくつかありました。

ただし、200点台の方でも、まずは基礎英単語と基礎英文法の映像講義で勉強したり、旧版の日常英会話コースを使いリスニング学習するなど、工夫する事ができます。

TOEICスコア300・400・500点台の方であれば、パーソナルコーチプランでスコアアップした事例がいくつかありますので、こちらのプランの方が効果的かもしれません。

もちろん、ご自分のスケジュールや予算などの都合によっては、ベーシックプランを使っても良いかと思います。

どちらのプランも7日間の無料体験ができますので、まずはお試ししてみてください。